会社辞めたい

心の疲れている方へかけたい9つの言葉

言葉ってすごいですよね。

誰かの言葉で喜んだり

誰かの言葉で怒ったり

誰かの言葉で悲しくなったり

誰かの言葉で楽しい気持ちになったり

現在、鬱や心の疲れがある方と関わっていて・・・。職場でのなにげない言葉が「会心の一撃」となりダメージを受け回復まで時間がかかります。

言葉でダメージを受けたなら、言葉でダメージを回復できないでしょうか!?言葉とは、攻撃系の言葉もあれば回復系の言葉もあるのではないか!?今日はそんな回復系の言葉をお送りしましょう。

※鬱病と闘っている友人監修です。

 回復系の言葉(ココロの疲れのある方専用です)

 

1.今はあせらなくて大丈夫ですから!

毎晩眠れない日々。本当は会社を休みたいですよね…。しかし家族を養っていかなければならない辛さ。

なんとかギリギリ出社した際、上司に言って頂い一言「今は焦らなくて大丈夫ですから!」がとてもホッとしたと言います。

2.自分のペースでいいのですから! 

ギリギリの精神状態で出社してこの言葉言われたらどれだけ気持ちが落ち着くか…。言われてみたいです。

3.大変だったのですね(苦労された話をしてきた時に)でも無理はしないでくださいね!

わからなくてもいいのです(わかるわけもない)、アドバイスが欲しいのではない。少しでも共感してくれたことが嬉しいのです。

4.しかしよく耐えてましたね

自分なりに頑張ったことを少しでも認めてもらったことが嬉しいのです。この世でかけている”承認欲求”を満たしてあげることで心が回復します。

5.来てくれた(会社に)だけでありがたいですから。無理しないで宜しくお願いしますね!

心がスーと楽になりました!プレッシャーから少し解放され楽になりました!

6.辛かったらメール返信いりませんから!

どうしても辛くて会社を欠勤。同僚からの心配メール。返信に悩んでいたところ。こんなメールが・・・。気持的にとてもありがたかった。返信はちゃんとしたらしいです。

7.今のままでいいんじゃないですか?

ありのままを受け入れてくれて少し安心しました。今はこれでいいんだ!

8.ゆっくり休んでくださいね!

あたたかい言葉。お休みはココロまでゆっくりできそうな気持ちになりました。

9.いつもありがとうね!

感謝の言葉って魔法だ!それだけで救われた。泣きそうになった。

逆にこちらが感謝した。

さいごに

職場や友人との会話でポジティブな気持ちになれた言葉だそうです!まさに「回復の言葉」ですね。とにかく大事なのは「なにげなくそっと一言」です。

ぼくたち一般人はココロの病気を治せるわけではありません。発する言葉で相手がココロの安らぎを一瞬だけでも感じでいただけたら嬉しいです。

ただし、上辺だけだったりやりすぎると逆にその方の負担になったり、状況でも違ってくるのが難しいところです。

「なにげなく、そっと一言」ですね!

逆にこんな事言われて救われた!魔法の言葉ぜひ教えてください!本気で知りたいです。世界にシェアしましょう!

まだまだ回復の言葉について探求をしてまいります。

※精神状態、状況、かけるタイミングにもよりますので参考程度に